FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルジさんのワークショップ!

光藍社サイトにお知らせが載っています。


http://www.koransha.com/workshop/kachidoki/



ダンスキューブ勝どき ワークショップ
1日限定コース〉
講師:エレーナ・フィリピエワ(8/15)/ファルフ・ルジマトフ(8/16)

●1dayスペシャル・レッスン
〈1日限定コース〉
講師:エレーナ・フィリピエワ(8/15)/ファルフ・ルジマトフ(8/16)


●オトナのためのファン・レッスン(ファン・ミーティング付き! 大人のためのレッスン特別開講!)



フィリピエワは良いとしても、日本でルジマトフ先生のワークショップって‥‥いろいろな意味でコワイ(笑


まあ、最近はワガノワ教師もしているルジ先生ですので、ためになるレッスンになることは間違いないと思います。
ファンミ付き「ファン・レッスン」(!)なんてファン向けサービスもあるようですので、バレエを踊られている方、チャレンジされてはいかがでしょーか。
スポンサーサイト

夏の公演発売開始です!

http://www.koransha.com/ballet/great_masters2016/
詳細発表&チケット予約発売開始です~~
とりあえずお知らせのみ。あとで追加します。


(ここから追加)
正式公演名は「バレエの巨匠 マトヴィエンコ&ルジマトフ」なのかな?
この公演は、マトヴィエンコの舞踊生活20周年記念公演ということらしいですね。
ファルフが踊るのは、基本マトヴィとの新作デュオとフィリピエワとのシェヘラザード、そして最終日だけ、あの超カッコいいルジ版牧神の登場です~~
はー楽しみ!


ーーーーー

8/2(火)19:00開演 東京文化会館
Aプログラム
Act1 「白鳥の湖」第1幕2場より
D.マトヴィエンコ、A.マトヴィエンコ、キエフ・バレエ
Act2 新作デュオ「Wonder Stones」
ルジマトフ、D.マトヴィエンコ
「シェヘラザード」よりアダージョ
フィリピエワ、ルジマトフ
「スパルタクス」よりアダージョ
ペレン、シェミウノフ
「赤と黒」より(ウヴェ・シュルツ振付)
マルコフスカヤ、チャシェグロフ
「ウィスパー」(エドワード・クルグ振付)D.マトヴィエンコ、A.マトヴィエンコ
「アイス・メイデン」アダージョ(フョードル・ロプホフ振付)
ペレン、シェミウノフ
「ドン・キホーテ」よりグラン・パ・ド・ドゥ D.マトヴィエンコ、A.マトヴィエンコ
順不同


8/3(水)19:00開演 東京文化会館
Bプログラム
Act1 「ジゼル」第2幕より
D.マトヴィエンコ、A.マトヴィエンコ、キエフ・バレエ
Act2 新作デュオ「Wonder Stones」
ルジマトフ、D.マトヴィエンコ
「シェヘラザード」よりアダージョ
フィリピエワ、ルジマトフ
「スパルタクス」よりアダージョ
ペレン、シェミウノフ
「赤と黒」より(ウヴェ・シュルツ振付)
マルコフスカヤ、チャシェグロフ
「タンゴ」より(エドワード・クルグ振付) D.マトヴィエンコ、A.マトヴィエンコ
「アイス・メイデン」アダージョ(フョードル・ロプホフ振付)
ペレン、シェミウノフ
「海賊」よりパ・ド・ドゥ D.マトヴィエンコ、A.マトヴィエンコ
順不同


8/6(土)16:00開演 東京国際フォーラムC
Cプログラム
新作デュオ「Wonder Stones」ルジマトフ、D.マトヴィエンコ
「ウィスパー」(エドワード・クルグ振付) D.マトヴィエンコ、A.マトヴィエンコ
「カルメン」(S.ジュベドキ振付)
フィリピエワ、チェボタル
「イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド」より(ウィリアム・フォーサイス振付 マルコフスカヤ、チャシェグロフ
「牧神の午後」(「ニジンスキーの肖像」より)(ファルフ・ルジマトフ改訂振付)ルジマトフ
「マルティプリシティ. 静けさと虚ろさのかたち」より(ナチョ・ドゥアト振付) ペレン、シェミウノフ
「眠りの森の美女」よりグラン・パ・ド・ドゥ チュプリナ、スホルコフ
「瀕死の白鳥」
フィリピエワ
ほか
順不同


※演奏は特別録音音源を使用いたします。

最近のルジさん

http://www.1tv.ru/news/culture/303478
プリセツカヤガラに「ボレロ」で出演。
動画あり。カッコいいです。


http://tvkultura.ru/brand/show/brand_id/59616
ちょっと遅れた話題ですが、ロシアのテレビ番組「ビッグバレエ」でも審査員をしていたルジ氏。相変わらずの辛口評価で出演者たちに恐れられていた様子(笑)。しかしほーんとカッコいいのよね(惚れ惚れ)

http://irecommend.ru/content/bolshoi-balet-2016-vtoroi-sezon-kto-uchastniki-kto-v-zhyuri-novye-pravila-gde-smotret-onlain
写真集です。スーツ姿のルジさんもめちゃカッコ良い…


http://www.tokyoibc.com/
8月にマトヴィエンコとの公演で来日が決まっていますが、そのまま東京国際バレエコンクールの審査員や、ワークショップもやるみたい。


http://swanmagazine.heibonsha.co.jp/
SWAN MAGAZINE 43 2016春号
ペテルブルク特集で、ルジマトフインタビューが2ページあります。舞台写真も。


https://m.facebook.com/RUS.FES.NOBUNAGA
「信長」で共演した藤間蘭黄さんが芸術選奨文部科学大臣賞を受賞されたそうです!おめでとうございます!
再演が実現されることを祈っています。

この夏、ファルフがやってくる!!!


光藍社が主催する「マトヴィエンコ&ルジマトフ バレエの巨匠たち」の公演チラシを手に入れました!
8/2(火)、3(水) 19:00 東京文化会館
8/6(土) 16:00 東京国際フォーラム ホールC
出演予定
マトヴィエンコ、ルジマトフ、フィリピエワ、ペレン、キエフバレエ
「マトヴィエンコ&ルジマトフの新作デュオ」が目玉企画のようですね。
あとルジさんが踊るならフィリピエワと「シェヘラザード」はありそうかな?
全日程別プログラムで贈る3日間と書いてあります。
光藍社さんに問い合わせたところ、
ウェブサイトやDMでの詳細発表&予約開始は3月下旬あたりだということでした。
しばらく光藍社サイトから目が離せませんね~~!

1/7、1/8 ミハイロフスキー劇場バレエ「海賊」

祝!コンラッドヴァリ復活!!!!!(嬉)


ええーと、1/7初日はルジさんもミハイロフスキーの舞台自体も「…ゲネプロ?」つー思うぐらいのとっ散らかり振りだったので(いやまあ初見のお客様を満足させるぐらいの完成度ではあったと思うけど^^;)、ちょっとだけだいじょぶかな?と心配しつつ、でも経験値から言うと最終日1/8は発奮してくれるだろーなという確信通り(笑)、盛り上がりました。

いや~本当にルジファンは幸せものです。
「あといくつファルフの舞台が見られるのだろう…」と瞬きも惜しむぐらい必死な表情で舞台を毎回見つめていた15年前の自分に教えてあげたいよ、「大丈夫。50過ぎてもルジさんはキレキレの美しさで全幕舞台を主役で踊った挙句、カーテンコールで更にくるくる回って観客の拍手喝采を浴びているから」って。(大笑)


はー、新年から夢の国に浸りすぎて来週からの現実に戻るのが辛い。
頭の中では「海賊」のあらゆるシーンの音楽がエンドレスで流れています。
まだまだミハイロフスキー劇場バレエの来日公演は続くけど、とりあえず、私の新年バレエ祭りはここで終わり。
ミハイロフスキー劇場バレエのみんな、招聘してくれた光藍社、関わってくださったスタッフの方々、そして誰よりもファルフに、深く深く感謝。
素晴らしい舞台をありがとう!!!!!
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。